同期との上手な付き合い方

難しい知識や技術を数多く扱う看護師にとって、同期と比べられるほど辛いものはないといいます。特に、新人時代に同期の仕事覚えが遅いというのはとても肩の荷が重いのだとか。 しかし、仕事に対する覚え方、早さというのは人それぞれ。気にしすぎる事はないのです。まぁ、早い事に越した事はありませんが。 きっとこの問題に悩む人というのは、同期と比べられる事と同時に、先輩からの叱責などが同期よりも強く、厳しいのではないかと思っている人も少なくないのではないでしょうか? しかし、先輩があなたを怒るのはあなたに期待をしているからなのです。厳しいと感じるのは致し方ないのですが、それだけあなたに成長して欲しいと思っているからだといえます。 大事なのは気持ち。看護師の仕事に早いも遅いもありません。新人の頃は「早く作業しなきゃ」「怒られないようにしなきゃ」とばかり思ってしまうかもしれませんが、慣れれば自然とスピードはついてくるものです。大事なのはどれだけ丁寧であるか、どれだけ患者への心遣いが出来ているかという事。まずはそこから心掛けていきましょう。 一般的に、仕事をする上で同期というのは自分にとって一番近い存在。社会人として仕事や恋愛、日常生活といった事の悩みや愚痴を話し合える関係を築くことで、その先長く付き合っていく事ができるでしょう。 また、同期といっても、必ずしも同級生という事はなありません。中には、大学院卒、大卒、高卒、専門卒と、さまざまな年齢やキャリアの人が混じっている場合もあります。きっと中には、そんな相手とどんな風に接したらいいか迷ってしまうという人もいるでしょう。 この場合、卒業した学校といった違いについては、それほど気にする事はないといいます。しかし、年齢が上の方に対しては、それなりの配慮が必要でしょう。 なぜなら、相手の方は気にしてなさそうに見せていても、やはり年齢的な負い目を感じているというのは少なくないからです。そんな方に対して、いきなり「同期だよ!よろしく!」なんてタメ口で話すのは、とても非常識ですし、相手はとても不快に思われてしまう事があります。 少なくともある程度親しくなり、相手の事が分かってくるまでは、丁寧な言葉使いを心掛けるようにしましょう。 ここは学校ではなく、仕事場なのですから。一社会人としてのマナーがあるのだと意識する事が大事です。それだけでも、同期に比べられる事は少なくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です